花咲ガニと昆布

 

 

花咲ガニは根室半島沿岸の30〜50mくらいの比較的浅い海が漁場で、ナガコンブなどの海藻も食べています。

 

ナガコンブは全長10mにもなるコンブですが、煮だしに使われる昆布のように肉厚でなく、煮物や佃煮に利用されているコンブです。

 

花咲ガニはタラバガニに比べると味が濃いといわれますが、これはコンブのうまみをたっぷりと体内に蓄えているからでしょう。

 

花咲ガニの漁期は釧路が3〜7月、根室が9〜11月で捕獲対象を大型のオスのみに限定しています。花咲ガニは水揚げが少ないため取り扱っている店も少ないのが現状です。