カニに寄生するカニビル

 

 

カニの甲羅にはフジツボやカニビルと呼ばれる生物が寄生しています。どちらもカニから栄養を摂取しているわけではありません。

 

カニビルやフジツボは自分で移動する手段をもっていないので、カニの甲羅に付着して次の場所まで連れて行ってもらうわけです。

 

カニビルは脱皮したての若ガニの甲羅に卵を産み付けますが、甲羅にこの黒い卵がたくさん産みつけられているカニは甲羅の堅いカニということでカニの身が詰まっている証になります。

 

一方、フジツボはカニを調理する際にそのかけらがカニの身などに付着すると異物となるので、厄介者とされています。