トゲクリガニで花見

 

 

トゲクリガニは毛ガニよりひとまわり小さいカニで安くて濃厚なカニみそが味わえるのですが、漁獲量が少なく全国的には流通していません。

 

青森では4月から漁が始めることから桜の花見にお酒の肴として食されています。茹でる前はやや黒っぽい体色をしていますがゆでれば毛ガニと変わりません。

 

トゲクリガニのカニみそは毛ガニに劣らず濃厚なので、カニみそも入れたカニ汁で頂くのもお勧めの食べ方です。カニ汁用ははやや小さいサイズの生のトゲクリガニを使います。

 

 

トゲクリガニは大きいサイズになると1kgで3-5匹ですが、小さいサイズは1kgで10-15匹と100gに満たないので、茹でて食べるには小さすぎるのです。

 

クリガニの仲間にはトゲクリガニとクリガニがいますが見た目の判断は難しいので、北海道産ならクリガニ、青森以南ならトゲクリガニと考えてよさそうです。