かにとフジツボ

 

 

かにの外殻にはフジツボやカニビルなどの生物が付着する場合があります。これらの生物はカニが脱皮してから時間が経過している証拠にもなります。

 

かにビルの卵が甲羅に付着したかには甲羅の堅いカニで身が詰まっている証とされています。一方、フジツボは破砕した小さな殻がクレームを生み出す厄介者になります。

 

理由はカニを加工または料理する際にフジツボの殻が残ってしまうからです。このフジツボの殻が雑炊やカニの身を食べた際に入り込んでいるとおいしく食べられないからです。

 

しかし、フジツボはカニやエビ、亀の手と同じ甲殻類です。カメノテはみそ汁などで食べられますが、フジツボも大型のものになるとは高級食材として取り扱われています。