かにすきとカニ鍋

 

 

すき焼きは牛肉を焼いて割下を加え、しょうゆ・砂糖などで味付けする料理ですが、メインの食材は牛肉です。

 

メインの食材が鳥に変われば鳥すき、魚介類なら魚すき、うどんがメインならうどんすきとなるわけです。カニすきも魚すきの一つになるわけです。

 

一般的に鍋料理を作る場合は昆布や鰹節、しょうゆ、酒などで味付けした出汁を使います。カニすきは上記の一般的な鍋と基本的に出汁を使う点は同じです。

 

ただしカニすきはカニ本来の味を味わうため、しょうゆは使わず昆布や鰹だしに塩で味を整えます。カニ鍋よりも薄味にしてカニ本来のうまみを楽しむわけです。

 

またすき焼きのすきは畑を耕す鋤からきているといわれています。もともと鳥や牛を薄くスライスして鉄の鋤の上で焼いて食べたことから始まっているようです。