タラバガニ

 

 

タラバガニの魅力は何といっても太いカニ脚にかぶりついてカニを食べるところにあります。食べ方のお勧めは活〆した冷凍の生ガニで作る焼きガニです。

 

タラバガニは国内の捕獲数は限られているのでほとんどが輸入されたカニになります。生のカニは水揚げしてから時間が経過すると酸化して黒ずんでしまいます。

 

水揚げしたタラバガニは黒ずみを防止するために酸化防止剤で処理されている場合があります。ネット販売店で購入する場合はこの処理の有無も確認が必要です。

 

また、焼きガニとして使いにくい肩の一部や細い脚先はカニ汁として食べることで、タラバガニを余すところなく十分堪能できます。

 

 

 

 

 

 

タラバガニ記事一覧

タラバのみそヤドカリの仲間であるタラバガニや花咲ガニにもカニみそはありますが、茹でてもみそが固まりにくく油臭みもあるのでふつうは食べません。タラバガニをゆでる場合は初めからカニみそを取り除きます。これはカニみその臭みがカニの身に移ってしまわないようにするためです。しかし花咲ガニの場合は少し事情が違うようです。かにみそが茹でても固まりにくいというのはタラバガニと同じですがカニみその濃厚さが受けている...

タラバガニの価格2014年12月、ロシアと日本の間で密猟によるカニの輸入を防止する協定が発効しました。このためタラバガニの入荷量が激減して価格が高騰しています。ロシアからのカニの輸入規制は密猟を取り締まるためのものなので、資源の枯渇でタラバガニが食べられなくなるよりはましです。タラバガニはアラスカ、カナダ、ロシアなどから日本へ輸入されていますが、日本近海の漁獲量が少ないため、大部分のタラバガニは輸...

極太タラバタラバガニは国内で捕獲される量は少なく、ロシアやアラスカなどから輸入されています。しかし輸入先の国でタラバガニの規格が違います。アラスカ産は規格(重さ)がS〜2Lまでありますが他の国よりその規格(重さ)の上限が高く極太タラバが獲れるということです。アラスカ産とロシア産のタラバガニは同じ重量・同じ肩数でも価格が違います。これはカニの身入りに違いがあるからなのです。身の詰まった極太のタラバガ...

タラバガニの鉄砲汁焼きガニは風味と甘みブリプリの食感が味わえる最高の食べ方です。さらに焼きガニに使えない脚先で鉄砲汁も一緒に楽しんでみてはいかがですか。極太のタラバガニでも脚先の部分は身が少ないので焼きガニには使いません。この部分は鉄砲汁でカニのだし汁を楽しむわけです。それには鮮度の良い生のタラバガニが必要です。日本沿岸で獲れたタラバガニなら活〆冷凍したものが最高です。また輸入品なら船上で急速冷凍...