ズワイガニ

 

 

ズワイガニは本ズワイガニ、大ズワイガニ、紅ズワイガニと本ズワイと紅ズワイの交雑種である黄金ガニに分かれていますが、明確に表示されていない場合もあります。

 

スーパーで販売されているズワイガニは価格の安い紅ズワイガニが大半を占めます。紅ズワイガニはカニ缶の原料ともなっています。

 

でも鮮度の良い紅ズワイガニなら価格も安くおいしく食べられます。特に紅ズワイガニのブランドである香住ガニはお勧めです。

 

大ズワイガニはバルダイ種と呼ばれ、本ズワイガニよりも大きくなるズワイガニのことです。日本近海では獲れないので輸入されています。

 

しかし、希少であるバルダイ種は漁獲量が少ないことから割高であり、サイズが本ずわいより特段大きくなければあまりお勧めできません。

 

また、セコガニはズワイガニのメスですが、資源保護のため漁期が2か月と短く、年末にかけて内子やカニ汁として楽しねる割安な食材です。

 

 

ズワイガニ記事一覧

上すきカット焼きガニ用にカニの殻をカットするのは素人には大変な作業です。また殻のカットが多すぎると焼いたときにカニのうまみが逃げてしまいます。焼きガニやカニすきに向いたカニのカット方法は上すきカットです。上すきカットとは殻の上面のごく一部をカットする方法で料亭などで使われるカット方法です。上すきカット画像を見ていただければ一般的に販売されているカットとの違いがわかるでしょう。この処理の方がカニのう...

旬のセコガニセコガニはズワイガニのメスで資源保護のため漁のできる期間が11月上旬〜12月末までの2か月間と決められています。このセコガニはオスほど大きくないので身をたくさん食べられませんが、その代わりに濃厚なかにみそや内子のプチプチとした食感が楽しめます。お取り寄せは生・茹で・蒸しから選べるお店がお勧めです。また、蒸しガニの方がは茹でガニよりもうまみが逃げないので、よりおいしくいただけます。カニ漁...

カニのタグ本ズワイガニは山陰地域では松葉ガニ、福井では越前ガニ、石川では加能が二と呼ばれています。また最近、北海松葉ガニというブランドガニもあるようです。各地域の港で水揚げされたズワイガニは港名、船名が刻まれたタグをカニの爪につけています。このタグがつけられたカニがブランドガニの証になります。多くの通販サイトではタグの付いていないカニが松葉ガニとして販売されています。この場合、品質を保証するタグが...

香住ガニ香住ガニは香住漁港で水揚げされる紅ズワイガニのことで、一般の紅ズワイガニとは区別されたブランドガニのことです。紅ズワイガニは本ズワイガニに比べるとさらに深い海に生息しているため、身が筋肉質というよりみずみずしくて、甘みが強いという特徴があります。紅ズワイガニは9月〜5月までと本ズワイガニに比べて漁期が長く、水揚げされる量も多いので、価格は安くなります。紅ズワイガニは缶詰に加工される安いカニ...